HOME どんな研修が主流?
どんな研修があるの ユニークな研修は? 会社概要
階層別にフィットした研修は? 研修の基本時間は? 代表者略歴
随時配信 毎月1日配信 第2・4日曜配信 毎週日曜配信 毎週水曜配信




毎月1日・15日配信
2003年度版
2004年度版
2005年度版
2006年度版
2007年度版
2008年度版
2009年度版
2010年度版
2011年度版

2012年度版
モチベーションと内在化
2017年6月15日

 動機づけ(motivation)とは、人間やその他の動物に、目的志向的行動を喚起させ、それを維持し、さらにその活動のパターンを統制していく過程です。したがって、動機づけには、(1)活動を喚起させる機能 (2)喚起された活動をある目標に方向づける志向機能 (3)種々な活動を新しい一つの総合的な行動に体制化する機能などがあげられます。しかし、いくら動機づけを工夫しても、その動機づけられた状態が学習者(本人)に内在化されなければ意味がありません。
 内在化とは、何をなすべきか学習者(本人)に明確にとらえられ、それに向かおうとする能動的な構えができている状態を意味します。これが一般的に表現される意欲・やる気です。研修には学習者の内在化がとても大切なのです。
        (参考文献:心理学概説〜心と行動の理解〜、松田隆夫編)

お問い合わせ 今までのアドバイス
お問い合わせ